Top >  わきが・多汗症対策 >  多汗症の手術とその種類

PICK UP!

わきが・多汗症治療の詳細情報

わきが対策にはデオラボのミョウバンクリーム
ニオイの原因菌を99.999%殺菌。ミョウバン、緑茶エキス、サリチル酸ナトリウムで、ニオイをトリプルブロック!!!

デトランスα
医療先進国デンマークで開発された強力デオドラント。ヨーロッパでもリピーターが続出!深刻なワキのニオイ、汗に本気で悩んでいる方のために開発されました。

多汗症の手術とその種類

多汗症の種類が「わきが型」または「精神性発汗型」または「混合型」かによって、多汗症の手術の種類も違ってきます。
そのためには、手術前に一度試験的に切開をして、多汗症の種類を見極めることが必要です。
もし仮に多汗症であっても、対人関係やアポクリン腺以外の臭いが原因で臭いが起きているのなら、手術をしても無意味です。
また多汗症の場合は、どの多汗症にあてはまるのかなど、手術前の診断時に説明が必要不可欠で、多汗のタイプによって減汗効果も手術範囲も異なります。
多汗症・わきがの手術は、原因となるアポクリン腺が完全に摘出しなければならなく、アポクリン腺の導管部まで含めて取り除くことが、再発予防のためにも大切です。摘出法としては、アポクリン腺の腺根を真皮の一部を含めてすべて摘出することが必要です。
多汗症手術をする際の大前提として、個人によって多汗症の症状が違うため、個人ごとの多汗症に即した手術を選んで実施してくれる病院を選ぶことが大切です。

 <  前の記事 わきが対策法  |  トップページ  |  次の記事 わきがを悪化させる食事内容  > 

         

更新履歴

お気に入り

古本 相場

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「わきが、多汗症にさよなら…」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。