Top >  わきが >  わきがと皮脂腺との関係

PICK UP!

わきが・多汗症治療の詳細情報

わきが対策にはデオラボのミョウバンクリーム
ニオイの原因菌を99.999%殺菌。ミョウバン、緑茶エキス、サリチル酸ナトリウムで、ニオイをトリプルブロック!!!

デトランスα
医療先進国デンマークで開発された強力デオドラント。ヨーロッパでもリピーターが続出!深刻なワキのニオイ、汗に本気で悩んでいる方のために開発されました。

わきがと皮脂腺との関係

皮脂腺とは、皮膚にある分泌腺のひとつで、わきがの原因のひとつとしても関係しています。
皮脂腺は、アポクリン汗腺やエクリン腺とともに脇の下などにあります。
また開口部は毛穴の中にあります。
わきが独特の臭いの素となるアポクリン汗腺からは、汗とともに脂肪酸が分泌されいるからです。
皮脂腺で分泌された脂肪分は、エクリン汗腺から出た汗と皮膚の表面で混ざり合って、肌を乾燥などから保護する役目を果たしています。
脂性肌とは、皮脂腺の働きが活発で脂肪分泌が多くなる状態のことをいい、逆に脂肪分泌が少ないと乾燥肌になり、にきびなどの原因ともなっています。
多汗症やわきがの臭いの元にはならない皮脂腺ですが、皮脂腺内に酸化物質が増えたり、何かの原因で皮脂腺が強く刺激を受けたり、脂肪の多い食事などの影響で脂肪酸が酸化されやすくなると、わきが臭や多汗症の原因になることがわかっています。

 <  前の記事 アポクリン腺とエクリン腺  |  トップページ  |  次の記事 多汗症やわきがの遺伝  > 

         

更新履歴

お気に入り

古本 相場

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「わきが、多汗症にさよなら…」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。